« 珠が動くイメージ | トップページ

2017年4月24日 (月)

そろばんとイメージ力

前回の記事では、そろばんが得意な人が

『右脳』=イメージ力で暗算を行う話をしました。

ではイメージで物事を捉えられるようになると

どういったメリットがあるのか―

 

たとえば、社会の勉強をしようと考えたとき、

教科書を見て歴史上の人物を言葉として

丸暗記しても、すぐに忘れてしまいがちです。

 

でも、歴史ドラマや漫画で見た時代背景や登場人物は

ずっと覚えていたりしますよね。

これは右脳を使いイメージ情報として記憶しているからです。

 

イメージで物事を覚えられるようになると、

人の記憶力はぐっと高くなります。

これは毎日勉強をする学生にとっては非常に

大きなメリットとなることは間違いありません。

 

そろばんを覚えると暗算力が上がるのはもちろんですが、

珠の形をイメージして動かすトレーニングをすることで

右脳の活性化に繋がります。

 

頭の中で勝手に珠が動くようになれば、

それは高い「イメージ力」が身についている証拠ではないでしょうか。

« 珠が動くイメージ | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562358/65193429

この記事へのトラックバック一覧です: そろばんとイメージ力:

« 珠が動くイメージ | トップページ